上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

京王杯スプリングカップ予想

◆馬場;良馬場でやや前有利、差しなら内枠想定
◆ペース;やや速めの想定

◎ダンスアミーガ
短縮で内枠は合う。展開もこの馬に合いそうなので、差しに回る位置取りショックに回れば。注目血統のニジンスキー内包。
〇サクラゴスペル
間隔開けて内目の枠は合う。前走はHペースを前目で追走して惨敗したが、今回は前走程速くはならないだろうから苦→楽に感じるはず。また大敗からでも巻き返せるタイプなので侮れないだろう。注目血統のニジンスキー内包。
▲エイシンスパルタン
バウンド延長 + 格上げで新鮮。前走も圧勝でストレスはない。異なるコースでの実績もあって、前へ行っても上がりもまとめてくるので、ここでも圧勝の可能性もありそう。
△ヴェルステルキング
格上げで鮮度あって内枠は合う。
△ブラヴィッシモ
バウンド延長。体力も豊富で面白そうとは思うが、この枠はどうか?注目血統のニジンスキー内包。
△アイライン
まだ生涯鮮度あって、短縮東京1400mはベストだが、Bコース替わりの外枠はどうか?しかし、カーリアンの血を持つ馬は、当レースとの相性がいいので要注意。

※ダンスアミーガからだけだと不安なので、ゴスペルからも買う予定。
上位人気になるであろう3頭も、ワイドの相手では少し買う可能性もあるが、それぞれ不安がある馬なので軽視!
[ 2016/05/13 17:30 ] 競馬 | TB(-) | CM(0)

新潟大賞典予想

◆馬場;良馬場想定
◆ペース;スローペース想定

◎マイネルミラノ
前走58k背負ってやや速めの流れを逃げて負け。今回は斤量も前走より2kg減で、単騎逃げ濃厚、ペースも前走より遅くなるだろうから苦→楽に感じるはず。
〇アングライフェン
まだ生涯鮮度あって内枠は合う。馬込みに入れて、前走より前目で競馬出来れば。
▲フルーキー
ストレス薄れ、バウンド延長。
△パッションダンス
別路線からで異端。ダート→芝へのショック。
△サトノラーゼン
△ダコール
穴ロンギングダンサー


[ 2016/05/08 13:03 ] 競馬 | TB(-) | CM(0)

NHKマイルC

◆馬場;良馬場想定
◆ペース;ハイペース想定

◎アーバンキッド
バウンド短縮で内枠は合う。今回はタフな流れにもなりそうなので、この馬には合うだろう。注文つけるなら、差しに回る位置取りショック決めてくれたら更にベスト。
〇ロードクエスト
ストレス薄れ、内枠、多頭数、短縮マイルは合う。
▲ハクサンルドルフ
格上げで鮮度ある。この馬の競馬に徹すれば面白い可能性はある。減り続けている馬体だけは、維持するか少し戻してきてほしい。大幅馬体減だけは特に注意。
△メジャーエンブレム
別路線からで異端。ストレスも薄れ、前へ行く位置取りなら。
△シャドウアプローチ
休み明けで状態がどのくらい戻っているかは気になるが、消耗戦になれば面白い存在。
△シュウジ
前走は、休み明けで不良馬場と考えれば度外視出来そう。今回は待望の内枠を引いたので、延長だが上手く馬郡に潜り込んで、差しに回る位置取り決めれば一発あっても。少し馬体絞れてきてほしい。


[ 2016/05/07 23:41 ] 競馬 | TB(-) | CM(0)

プリンシパルS

◆馬場;良馬場想定
◆ペース;ミドルからやや速め想定

◎オーダードリブン
ストレス薄れ、当レース相性のいいディープ産駒。当レース出走馬で唯一の短縮馬で異端。前走スローペースを先行して4着。今回は短縮で自然と差しに回る位置取りも決まりそうなので、本来の脚質になればペースも向いて、前走より苦→楽に感じれるはず。
〇アジュールローズ
格上げで鮮度あって内枠は合う。1600mの経験もあり当レース質に合いそう。
▲マイネルラフレシア
前走Vラインで、混戦の内枠多頭数は合う。
△ゼ―ヴィント
相性のいい山藤賞からの臨戦でディープ産駒。しかしストレスと疲れは気になる。
△プランスシャルマン
バウンド延長。前走激走後で多少疲れは気になるが、東京2000mは合いそう。
△ウォーターシャウト
格上げで鮮度あってバウンド延長。前走は道中故障場の不利等もあったが、中団から差して走破タイムもまずまず。C系で相手なりにも走れそうな馬ので、一発あってもおかしくないかも・・・

[ 2016/05/07 01:14 ] 競馬 | TB(-) | CM(0)

天皇賞春予想

◎トーホウジャッカル
正直精神的に切れている可能性はあるので、厳しいと思う部分もありますが、前走前目で競馬して活性はされたので、もしかすると?という淡い思いと、単純に大好きな馬なのでここから勝負。ポテンシャルなら現役最強なはず。
〇ゴールドアクター
どこからでも競馬が出来るタイプで、充実している今は切れない。
▲トーセンレ―ヴ
間隔開けて疲れとれストレスはない。同馬は、主にダウン戦の反応が特にいいのだが、距離延長時も得意。とはいえ、3200mは長いのではと思われる方もいるでしょう。僕もそう思います。しかし、このレースで穴をあけるのはいつも内枠で、今回内枠を引いて初距離の鮮度+別路線からで異端。このレースよりタフであろう有馬で勝ち馬から0.3秒差の上がり最速の競馬を出来ていたのなら、出たなりで内枠でじっとしていれば京都も得意なのでアッと言わせる競馬は出来るはず。また淀の長丁場なら信用出来る鞍上幸四郎なのもいいだろう。
△レ―ヴミストラル
古馬混合G1初で鮮度あって別路線からで異端。前走は重馬場で度外視も出来るし、凡走でストレスも薄れた。L系の馬なので外枠で延長も悪くはない。
△アルバート
前走活性されストレスも薄れた。スタミナはある馬なので、体力勝負になれば。
△ファタモルガーナ
前走Vラインで短縮馬の期待値は高く、ディープ産駒の初G1。
△シュヴァルグラン
初G1で鮮度あって相手アップ合うハーツクライ産駒。少し前走減りすぎてたのは気になるが・・・



[ 2016/05/01 00:04 ] 競馬 | TB(-) | CM(0)