上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宝塚記念考察

今週は時間もあったので、久しぶりにめっちゃ競馬の事を考えてみました(^-^)

アンビシャス
この馬自体休み明けは悪くないし、前走スローを前に行く位置取りショックを掛け活性化されている事はいいが、大阪杯組からの相性が悪い上に、まだ前走の記憶が残る今回、再度距離延長で乗り方が難しい。昨年の様なペースなら好走出来るだろうが、消耗戦になった時にどうか・・・

カレンミロティック
春天好走組の相性は悪く、昨年もこの臨戦で惨敗。昨年は差しに回ったが、本来キレる脚があるタイプでもないので、逃げの位置取りを決め、消耗戦の前残り競馬になれば。鞍上がTベリー(豪州の騎手)なので前へ行く可能性が高く、展開をぶち壊してくれる可能性もありそう。というよりぶち壊してほしい。ある意味注目の1頭であるが、陣営のコメントを見る限り逃げなそう・・・

キタサンブラック
こちらも春天好走組で、臨戦的に相性は良くない。前走の様な上がりの掛かる緩い流れになれば、好走する可能性はあるが、もし消耗戦になれば差しに回っても切れる脚はないので、飛ぶ可能性も十分に考えられる。最近のレースは、全てこの馬に流れが向いたもので、そろそろこの馬を本気で潰しに行く馬が出てきて欲しい。

サトノクラウン
ストレス抜け、交互質で凡走からも巻き返しは可能なタイプ。しかし、このメンバーに入ってポテンシャルが足りてるかはやや疑問。道悪などのオプションが付けば面白い。

サトノノブレス
相手ダウンでキレイに反応し、相手アップでことごとく跳ね返されての成績を繰り返している馬で、ここでの好走は厳しいだろう。

シュヴァルグラン
春天好走組で微妙。あまり短縮向きとは思えない上に、前走は前有利の流れを後方から頑張って差してきて3着。昨年暮れから中長距離戦を4回走っており、流石に今回は疲労耐久指数の高くないハーツクライ産駒なので疲労が出るだろう。それに鮮度も薄れ個人的には買い要素は薄い。

ステファノス
パワータイプのディープ産駒。前走負けているのはいいが、交互質で緩い流れの方が合うタイプで消耗戦になった時はどうだろう。馬体は絞れていてほしい。まだ生涯鮮度はあるので走れる状態かなとも思えるが、馬場が渋るとどうだろう?あまり人気する様だと嫌いたい。

タッチングスピーチ
ストレス薄れバウンド短縮。馬場渋ってばらける形になり、緩いペースで流れの外から差す展開になれば、昨年のデニムの様になれる可能性はあるだろうが、個人的にその様な展開は望んでいないのでいらない。

トーホウジャッカル
前走ようやくこの馬らしさが見える内容で良化気配。そもそも前走の敗戦も復調途上で、流れも向かなかったので、今走に向けての上昇度は出走馬の中でもピカイチなはず。内枠引き消耗戦になれば。しかし、あまり馬場が渋るとどうか?という懸念もある。

ドゥラメンテ
休み明けの馬の成績があまり良くないとはいえ、この馬自身は間隔開けた方がいいタイプなので、それ程気にする必要はない。まだ生涯鮮度もある事を考えると抑えておくべきだろう。

ヒットザターゲット
激走後で疲れも気になるし、そもそもG1でどうか。

フェイムゲーム
過去距離短縮で散々な結果な馬が、6歳になって走ってくるとは思えない。

マリアライト
目黒記念からの臨戦は良くないが、牝馬らしからぬ体力でしぶとい馬。大崩れは考えにくいか。

ヤマカツエース
バウンド延長で湿った馬場になれば合うだろう。京都記念の疲労がまだ気になるので馬体増は注意。ここ2走の凡走を見る限り、ただ能力が足りていないのでは?とも思えてしまう。枠は内枠必須。とはいえ、おそらく人気はないので軽く抑えておいても損はないかも。

ラストインパクト
間隔開けるのは合うタイプで、最近そこそこ好走したりもしているけど、好走時は外人が乗っている時だけなのでどうでしょう。

ラブリーデイ
昨年の様な勢いが今年になって影を潜め不振期に突入した印象。また、前走の香港はかなり馬場が悪かったらしいので、その辺りの疲労も気になる。それなりに人気もするはずなので、特に買いたいとは思わない。

ワンアンドオンリー
菊花賞以降、馬券圏内に絡んだのがドバイシーマクラシックのみと流石にリズム悪すぎる。
スポンサーサイト
[ 2016/06/22 17:15 ] 競馬 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する