上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

天皇賞春予想

◎トーホウジャッカル
正直精神的に切れている可能性はあるので、厳しいと思う部分もありますが、前走前目で競馬して活性はされたので、もしかすると?という淡い思いと、単純に大好きな馬なのでここから勝負。ポテンシャルなら現役最強なはず。
〇ゴールドアクター
どこからでも競馬が出来るタイプで、充実している今は切れない。
▲トーセンレ―ヴ
間隔開けて疲れとれストレスはない。同馬は、主にダウン戦の反応が特にいいのだが、距離延長時も得意。とはいえ、3200mは長いのではと思われる方もいるでしょう。僕もそう思います。しかし、このレースで穴をあけるのはいつも内枠で、今回内枠を引いて初距離の鮮度+別路線からで異端。このレースよりタフであろう有馬で勝ち馬から0.3秒差の上がり最速の競馬を出来ていたのなら、出たなりで内枠でじっとしていれば京都も得意なのでアッと言わせる競馬は出来るはず。また淀の長丁場なら信用出来る鞍上幸四郎なのもいいだろう。
△レ―ヴミストラル
古馬混合G1初で鮮度あって別路線からで異端。前走は重馬場で度外視も出来るし、凡走でストレスも薄れた。L系の馬なので外枠で延長も悪くはない。
△アルバート
前走活性されストレスも薄れた。スタミナはある馬なので、体力勝負になれば。
△ファタモルガーナ
前走Vラインで短縮馬の期待値は高く、ディープ産駒の初G1。
△シュヴァルグラン
初G1で鮮度あって相手アップ合うハーツクライ産駒。少し前走減りすぎてたのは気になるが・・・



スポンサーサイト
[ 2016/05/01 00:04 ] 競馬 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する