上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジャパンカップ各馬考察

ラブリーデイ
現在連チャン期を迎えており、充実しているとはいえ、今年に入ってこれで9戦目。そろそろ蓄積疲労は気になる。この馬の好走条件としては、前回の様なスローペースだろう。消耗戦になったら危ういか・・・しかし最内枠とは、この馬今年は持ってるな~

トリップトゥパリス
コンスタントに使われている上に、今月初めにメルボルンCを走ってからの、長距離輸送で疲労やストレスもマックスだろう。

ワンアンドオンリー
トニービンが入っている点で少し目がいく程度、完全にリズムを崩していて、ここでの好走は厳しいか。

ジャングルクルーズ
バウンド延長で、内枠合う。格上げで鮮度あって血統的に魅力も、重賞初挑戦がJCで流石に格が違いすぎるだろう。

ペルーサ
量、体力を活かすなら、延長で再度思い切って逃げる位置取りショックなら、少しだけ見せ場はあるかも。

ラストインパクト
鮮度のなくなったディープ産駒といった点でやはり微妙。また前走休み明けで減った馬体が、調教後も戻ってきていないのは気になる。

ショウナンバッハ
格上げでこそのステイゴールド産駒とはいえ、重賞初挑戦がJC。流石に格が違いすぎるだろう。

イラプト
父ミスプロ系、母父カーリアンとういう配合から、血統的には外国馬の中で一番日本向きかなと思うが、父ドバウィ産駒の日本の成績は、短距離、ダートに集中している事を考えると厳しいかな。

ダービーフィズ
前走は走れる精神状態だったと思ったが、外枠と大幅馬体増が原因で案外な結果だったが、ストレスはない状態で、休み明け2戦目なら、巻き返しも期待出来る産駒。再度期待はしたいが、内枠がベターな馬なだけに、この枠はギリギリ。馬体は減ってきてほしい。

サウンズオブアース
精神コントロール難しいので内枠ほしかった が、前走はいつもより前目で競馬して馬が活性化されている点は好感がもてる。

ミッキークイーン
ディープ産駒の初古馬G1で鮮度ある。斤量差がものをいうレースで、最軽量の3歳牝馬。過去このレースで好走した3歳牝馬、ジェンティルドンナやデニムアンドルビーと比べても全く能力的に引けを取らないだろう。しかし、調教後の馬体が増えていないのは気になる。輸送で大幅に馬体を減らしてこないかだけは心配。

ゴールドシップ
格という部分では№1。間隔明けて馬は走れる様にはなっているとは思うが、今回はどうでしょうね?よく分からん馬なので、最後までどうするか悩みそう。

ヒットザターゲット
休み明けから走れるタイプで、札幌記念からという異端性もある。当レース注目のグレイソヴリン系内包馬。小牧騎手も言っている様に、ほんま内枠ほしかった・・・

ショウナンパンドラ
鮮度がない上に秋3戦目で、前走後方から差してきて、勝ち馬から0.2秒差なら疲労の方が気になる。

イトウ
血統背景から、スタミナ寄りのタイプで、日本の馬場は合わなさそう。前走も逃げて圧勝で楽→苦で厳しいだろう。

カレンミロティック
間隔開けた方がいいタイプが秋3戦目で中3週、中4週という臨戦は微妙?しかし、この馬は交互質で今回は走れる番か?バウンド延長で思い切って、逃げに出る位置取り決めれば多少見せ場はあるかも・・・

アドマイヤデウス
Sが強く戦う意欲がある反面、精神コントロールが難しいので、内枠がほしかった。内枠なら絶対買おうと思ってたのに・・・

ナイトフラワー
最軽量の3歳牝馬で、間隔もそれなりにとっての臨戦はいいが、父デインヒル系、母父ヌレイエフ系という欧州血統な上に大外枠は厳しい。
スポンサーサイト
[ 2015/11/28 10:56 ] 競馬 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する